MEISTER JP

海外血統コーディネーター

07/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./09

犬種本来の特性

パディくんのトレーニング

18641541_10209156935696911_875561061_o.jpg

18674933_10209156936256925_507481417_o.jpg

18641746_10209156936776938_1428397814_o.jpg

このようなトレーニングをする目的は、

1:犬種の特性を維持向上させる
見た目だけフラット(っぽい)では、わざわざフラットを飼育する必要はなく、
フラットをブリーディングすることも、この犬種を後世に残すことも意味がなくなります。
混血(雑種)で十分?
フラットとしての特性を正しく開花させ、その特性を維持向上させていくことが
愛好家の務めだと思います。

2:家庭犬としての基礎作り
飼い主が仕留めた獲物を回収することがフラットの仕事ですが、
その為には飼い主に対して協力的であることが求められます。
また安定した精神を持ち、人を喜ばせたいという強い願望気質、理解力も欠かせません。
獲物の場所をよく記憶し、探索能力も必要になります。
獲物が現れるまで、飼い主と一緒にジッと待つ忍耐力や集中力も必須です。
このようなスキルを開花させることは素晴らしい家庭犬を作る上でも必要不可欠なわけです。

猟犬にするためのトレーニングではないということを理解して頂くと
飼い主さんの意識改革に繋がるのではないかと思います。







にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ

category: 犬のお迎えを考えている方へ(必読!!)

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top