MEISTER JP

海外血統コーディネーター

06/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./08

決断

年始のバタバタも一段落。
上半期の計画が着々と動き出しています。

トーラーの輸入、シーズーの輸入、ボーダーの輸入、
パピーXの北欧留学、ワールドドッグショーなど、

そして、昨日フィンランドで交配した胎の中の男のコを1頭予約、

さらに、マディについて、
昨年ワールドジュニアウィナーに輝いたことでゲットした
世界三大ドッグショーの1つ、イギリス「Crufts」の出場権を行使するかどうか・・・
昨晩からハンドラーのラグンヒルド他仲間達と協議再開。

年明け初戦では、多くの有識者から大変高い評価を頂いたマディ。

ジャッジからは、

生後19ヶ月にして最高品質の完璧な牝犬。
美しい頭部、表現力、
美しいネック、トップライン、バランスの取れたフロントとアンギュレーション、
将来が約束された有望な若犬。

評価

ジャッジ資格を持つラグンヒルドも、
「今のマディは負けさせることの方が難しい・・・・」と太鼓判。

刻一刻と北欧留学期間が過ぎていく中、
ひとりも多くの方にマディ(北欧が産んだ素晴らしいフラット)を見て頂きたい、
我々仲間達の共通の想いであり、
昨今、フラット原産国イギリスでも北欧フラットに注目が集まる中、
勝敗は兎も角、
北欧フラットの素晴らしさを披露するにはCrfutsは良い機会かもしれません。





にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ

MEISTER JP ファミリーアルバムブログ

category: マイスターの独り言

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top