MEISTER JP

海外血統コーディネーター

07/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./09

一任

「〇月〇日に行われるドッグショーにマディはエントリーしている?」

スウェーデンで修行中のマディについて、北欧の友人から質問があった。
マディがエントリーしているなら、勝算がないから自分の犬のエントリーを控えよう・・・
という趣旨の質問だったらしい。

「知らない・・・」 と答えた。

冷たい返答ですが、本当に知らないのです。

知らないなら、確認すればいいじゃないか?

いいえ、確認しません。

「この仔をお願いします!!」
専門家(ハンドラー/トレーナー)にお願いした以上は、
一切口出しもしないし、
今どんな状況?ショースケジュールは?どんなショーをした?逐一確認もしない。
これは日本でも海外でも一緒です。

すべてお任せです。

メリ&サーリのことも、オーナーであるラグンヒルドは一切質問してきません。
遠く離れていれば心配になるのは親心。
でも、大丈夫、だと信じてくれているからこそ、任せてくれているし、
逆に、心配していることが判るからこそ、
写真や動画を添えながら定期的に報告してあげるわけです。

相手を信じ、尊重するということは、常に利他的であることだと思います。
何かあれば報告あるだろうし、報告ないということは順調な証拠ですからね。


PB220020.jpg
メリ&サーリと遊べるのもあと1週間・・・・泣






にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ

category: マイスターファミリー

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top